スタッフブログ

髪にも良い。寒い冬を乗り越えるために、湯冷めを防ぐ裏技を紹介します。


だんだん本格的に寒くなってきましたね。

温泉に行ったり家でお風呂をためて

入ることが多くなってくると思います。

全身の血行が良くなると

髪の毛の生えるサイクルにも

良い影響が出ます。そこで

今回はお風呂で湯冷めを防ぐ

とっておきの裏技を紹介します。

上がる前に冷水で冷やす

『何で冷やす??』と思うかもしれませんが

これめっちゃ良いそうです。

僕も意識してやっています。

冷やす場所は手首や足首など

血管の見える場所を

冷水を手ですくってかける程度

でOKです。冷やしすぎはNGです。

体が低い温度の水に反応して

熱の放出を止めるそうです。

これで体内に熱気が残ったままなので

湯冷めが防げます。

 

塩や日本酒を風呂に入れる

 

これは自宅の湯船でしかできません。

塩や酒の成分が体の表面に

膜を作り熱の放出を防ぎます。

湯船に大さじ3~5杯で大丈夫です。

これで湯冷め対策にもなり

血行も良くなります。

ぬるま湯で長く入る

熱いお湯で短時間パッと

 

入るだけでは体の表面しか温まりません

38℃~40℃のお湯で

ゆっくり10分以上体の芯から

温めることが大切です。

 

すぐに布団に入らない

入浴後すぐに布団に入るのはNGです。

 

人の体は徐々に体温を下げながら

睡眠状態に入っていきます。

体が温まった状態で布団に入ると

体内は必死で体温を下げようと汗を出します。

その汗が寝ている間に体温を奪い

寝冷えして風邪をひいてしまいます。

 

20~30分は時間を置いてから

布団に入りましょう。

 

湯冷めをしてしまうと

寝不足や風邪をひく原因になります。

これから受験生の方や

大事なイベントがある方はとくに

寒くなってきているので

健康には気を付けて下さい。

Mio”スタッフも気を付けます!!

 

友だち追加

 

こちらのLINE@から

ご予約、ご相談ができます。

今の髪色から希望の色になるのか

今の髪の長さからパーマができるのか

希望の髪型にするには

どれぐらいの費用がかかるのか?

写真を送って頂いても大丈夫です。

小さなことから大きなことまで

何でもお気軽にお問い合わせ下さい。